広告収入以外にもたくさんある!?「YouTuberの稼ぎ方まとめ」

YouTuberになろう YouTuberの稼ぎ方

①広告収入

動画が1再生あたり0.05円~0.2円の収入が得られると言われています。この数字はあくまでも目安とされ、再生回数が多くても視聴時間が少ない(面白くない)動画には、さほど広告収入は期待できません。反対に再生回数が少なくても視聴時間が多い(面白い)動画には、多くの広告収入が入る傾向にあります。

  • メリット:簡単に収益を得ることができる。
  • デメリット:将来、広告収入が下がる場合があります。

 

②SuperChat

SuperChat(スーパチャット)とは、ライブ配信している投稿者にお金を送金できるサービス。視聴者は100円から5万円までの金額を送信することができます。Showroomや17LIVEに似たサービスです。

  • メリット:ファンと交流しながら収入を得ることができます。
  • デメリット:登録者数が1000人以上必要。

 

 

③アフィリエイト

アフィリエイトとは、商品やサービスなどのURLを動画説明欄等に記載することで、ユーザーが商品を購入するなどの成果があがった場合に報酬を受け取ることができる仕組みです。

  • メリット:コストがかからない。
  • デメリット:動画によっては収益が期待できない。

 

 

④商品販売

LINEスタンプ、本、Tシャツなどのグッズを販売しているYouTuberの方もいます。制作・販売は意外と簡単にできますので、チャンネル者数が増えてきたら検討して見ましょう。

  • メリット:広告収入以外に、収入を得ることができる。
  • デメリット:制作費用がかかる。

 

⑤企業コラボ

企業が紹介したい商品・サービスなどを紹介することで、報酬を得ることができます。報酬は、何もない場合や紹介した商品、金銭等様々です。

  • メリット:多額の報酬が期待できる。
  • デメリット:詐欺サイト・偽物商品などの案件依頼も来るので要注意!